オープンソースでつくる制作環境

オープンソースでつくる制作環境

オープンソースのソフトウェアだけで制作環境を作ってみました。

web制作ツールのAptana Studio3

aptana studio3webオーサリングツールとしてAptana Studio3を導入しました。

日本語化はされてなかったので、MEGLOGさんの記事を参考に日本語化。
MEGLOG:フリーの高機能HTMLエディタ「Aptana Studio3」の日本語化と「Zen-Coding」のインストール方法。

Zen-Codingもプラグインで追加して制作環境完成。

今までひたすら手打ちしていたから、オーサリングツールの便利さに感動しっぱなしでした。もっと早く導入すればよかった。制作にかかる時間がかなり変わるね。

画像処理ツールにGIMP2

gimp2photoshopライクの画像処理ソフトとしてGIMP2をインストール。

本場のphotoshopはどうしても値段がはるソフトなので、オープンソース系でなんとかしてやろうじゃんということでGIMP2。この手のソフトは、知恵と発想といろいろな努力でなんとかなるって考えられるとけっこう楽しんで使えるから好きです。

ちょっとした画像の処理だと実は、Paint.netも好き。

とはいえ、win8にしてからというもの、写真処理はストアアプリでけっこう代替できるんじゃないかと思う今日このごろ。

ドローツールにInkscape

inkscapeIllustratorライクのベジェ曲線的ドローツールには、Inkscape

保存形式はSVGなので、HTML5からの画像にそのまま使えるっていうメリットも。使い方には若干の癖があるから、慣れるまでに時間はかかるかもしれないです。けれど、慣れちゃえば案外なんでもできるのが良いところです。

問題は、よく落ちるw


Back to Top