windowsなボクが入れてるweb制作に便利なツール7つ

windowsなボクが入れてるweb制作に便利なツール7つ

web制作っていうとMac使うのが当たり前みたいなそんな風潮ありますが(自分の周りだけ?)、windowsでだってやれるんです。
で、制作時に便利なツールを今回はご紹介。

1. Jpeg画像圧縮のCaesium

それまでは、Jpeg圧縮には、オンラインサービスのJPEGminiを使っていたんですが、アップロード・ダウンロードの作業が少々面倒くさくなってきて使うようになったのが、このCaesiumです。日本語表示もちゃんとしてくれるから、英語から考えなくてもいいのはやっぱり楽です。(英語系は英語系で慣れちゃえば問題ないんですけどね)

Screenshot_2

2. スクリーンショットしつつトリミングもできるLightshot

windowsキーボードになるPrint Screenの機能を拡張するアプリがこれ、Lightshotです。スクショ撮ってからトリミングする手間が省けるので、時短にもってこいですね。

Screenshot_3

ちなみに、CaesiumとLightshotの2つなんですが、win8のモダンUI上だと背景色が似てて一瞬どっちかどっちだったか忘れそうになります。Caesiumを立ち上げる予定が、スクリーンショット画面になって何度びっくりしたことか(笑)

3. Internet Explorerの確認にIE Tester

web制作してて、いつも厄介なInternet Explorer。それでも、IE9以降なら、昔ほど想定外になるようなことは減りましたが、それでもやっぱり確認したくなるものです。そんなときに便利なのが、このIE Testerです。対応バージョンは、IE5.5、IE6、IE7、IE8、IE9、IE10です。
まぁ、若干落ちやすいのが難点ですかね。

Screenshot_4

4. Google Chromeの拡張機能にMeasureIt!

MeasureIt!は、ブラウザ画面上の長さを測る!ただそれだけの拡張機能なんですが、意外とこれがよく使う(笑)

Screenshot_5

5. Google Chromeの拡張機能にColorPick Eyedropper

ColorPick Eyedropperはブラウザの画面上の色を取得する拡張機能です。出力されるのは16進数のカラーコードとRGBとHSLの3種類です。他のサイト見て回ってるときに、「お、この色味いいな!」と思った時に特に便利ですね。

Screenshot_6

6. Google Chromeの拡張機能にWhatFont

WhatFontはブラウザ画面上にある――というか、他のサイトで使っているフォントを調べる拡張機能です。CSS3で追加されたwebフォントを使うことが多くなってきてるので(日本語フォントは少ないけど)、どんなフォントを使っているか調べるのにもってこいです。

Screenshot_7

7. Google Chromeの拡張機能にWebpage Screenshot

Webpage Screenshotは、webページ全体をスクリーンショットできる拡張機能です。基本的にスクリーンショットは実際画面で見たまましか撮れないのですが、このWebpage Screenshotを使うとページ全体を撮ることができます。下に長いページでも問題なく一枚の画像に収めることができるので重宝します。

Screenshot_8


Back to Top