通勤途中の気になる神社「縣居神社」

通勤途中の気になる神社「縣居神社」

通勤途中、雄踏街道(バイパス)を車で走っていると、目に入る神社、それが縣居神社です。そのすぐそばの賀茂真淵記念館も気になるけど、神社の方もかなり気になります。 静岡県の神社庁のwebページによると、

ご祭神

賀茂真淵大人命

ご神徳

中国の儒学が徳川幕府の官学となり、世の中が中国思想で覆われていた時代に生まれ、日本の国柄を明らかにし、これを護るのが国民の努めであると唱導し、自ら進んで国学の開拓に一生を捧げた賀茂真淵大人命は、その学徳で永く国学の四大人の一人として後世に輝いております。

ご由緒

当神社の創立は天保十年、御祭神の崇拝者である浜松藩領主水野忠邦公を始め、高林方朗その他の人々が東西に奔走して、現在の東伊場町賀茂神社の境内に勧請し奉ってからであります。大正十三年十月二十八日工事完成して賀茂神社境内に「縣居神社遺趾」の碑を残して、現在地に遷座。しかし残念ながら、御社殿は戦災により焼失。全県下の神社の協賛をえて昭和五十九年四月十五日、現在の御社殿に遷座されたのであります。尚、御祭神の本家筋にあたる岡部譲氏が、大人の学徳を稱え、所蔵の図書を寄贈され、その後を受けて、現在「縣居文庫」として文庫の拡充を図っております。(国学関係の書物の御寄贈いただけますれば幸甚です。)

静岡県神社庁:縣居神社

となってました。

賀茂真淵記念館のすぐそばにあった神社ということで、もしや・・・と思ってたんですが、やっぱり賀茂真淵が絡んでた神社だったんですね。

時間のあるときに、記念館もいっしょにゆっくりと見て回りたいです。
――けど、市内だと案外行かないんだよなぁ・・・(笑)


Back to Top